公益社団法人 応用物理学会

光工学業績賞・功績賞(高野榮一賞) 受賞者

所属は受賞時のものです

受賞年受賞者
第4回
(2020年)
業績賞 渋谷眞人 (東京工芸大学名誉教授) 位相シフト法に代表される光設計技術の発展とレンズ光学の振興への貢献
功績賞 伊賀健一 (東京工業大学名誉教授) 面発光レーザーとその応用に関する先駆的研究ならびに微小光学における長年にわたる顕著な功績
第3回
(2019年)
業績賞 丸山晃一 (丸山光学研究所) 回折素子一体型レンズの設計法の確立と回折光学技術普及への貢献
功績賞 靏田匡夫 (元 (株)ニコン 代表取締役副社長) 光工学技術の先駆的研究と長年にわたる啓発活動による顕著な功績
第2回
(2018年)
業績賞 八井 崇 (東京大学 准教授) 光を用いた革新的非接触サブナノ平滑化技術の開発
功績賞 一岡芳樹 (大阪大学 名誉教授) 光,電子,情報処理技術を融合した画像情報システムの先駆的開発研究
第1回
(2017年)
業績賞 合田圭介 (東京大学・教授) 超高速イメージング法の創出及びバイオ応用展開
功績賞 谷田貝豊彦 (宇都宮大学 特任教授) 光計測・光情報処理における長年にわたる顕著な功績