応物セミナー「量子コンピューター」(全3回)

開催概要

応物セミナー「量子コンピューター」
第1回 量子コンピューター入門

日時:
2024年10月8日(火) 13:30~16:30
場所:
応物会館3階会議室(東京都文京区)+オンライン(ハイブリッド開催)
講師:
川畑史郎(法政大学)
内容:

2023年に内閣府は新たな量子戦略「量子未来産業創出戦略」を策定し,量子コンピュータを主軸とする量子技術の産業化に向けた取り組みを強化する方針を示しました.また,アメリカ,ヨーロッパ,中国を含む世界各国が,量子コンピュータの研究開発と商用化を加速すべく,産学官を交えた取り組みを行っています.量子コンピュータとは,重ね合わせや量子もつれなどの量子力学原理を情報処理に利用したコンピュータです.量子コンピュータを用いると,因数分解,機械学習,量子化学計算,線形連立方程式等のいくつかの数学的問題を古典コンピュータに比べて指数関数的に高速に解くことが可能となります.そのため,世界的大企業やスタートアップが量子コンピュータハードウェア・ソフトウェア開発やビジネス展開に向けた取り組みを行っています.その一方で,エラー訂正機能を搭載した誤り耐性汎用量子コンピュータFTQCの商用化のためにはまだまだ長い時間が必要であると考えられています.本セミナーにおいては,量子コンピュータの基礎から量子コンピュータハードウェア・ソフトウェアの最先端までわかりやすく解説を行います.また,近年注目を集めている量子誤り訂正,クライオCMOS,量子コンピュータ用部素材,冷凍機などの技術に加えて,FTQCの実現に向けた課題や展望についても説明を行います.

【目次】
1.量子未来産業創出戦略
2.量子コンピュータとは?
3.量子コンピュータハードウェアの最新動向
4.量子コンピュータアルゴリズム・ソフトウェアの最新動向
5.下町量子コンピュータ:日本中小企業の匠の技
6.誤り耐性汎用量子コンピュータの実現に向けた課題と展望

応物セミナー「量子コンピューター」
第2回 量子コンピューティングの基礎と量子アルゴリズム

日時:
2024年10月28日(月) 13:30~16:30
場所:
応物会館3階会議室(東京都文京区)+オンライン(ハイブリッド開催)
講師:
藤井啓祐(大阪大学)
内容:

量子力学の原理を用いて計算を行うコンピュータが量子コンピュータである.本講義では,量子コンピュータを構成する基本量子ゲートやそれらを用いた量子回路の構成から解説し,量子アルゴリズムの動作原理やそのアプリケーションを理解することを目的とする.

【目次】
1.量子ビット
2.基本量子ゲートの仕組み
3.量子回路
4.グローバーアルゴリズム
5.NISQマシンと変分量子アルゴリズム
6.量子位相推定
7.その他の量子アルゴリズム

応物セミナー「量子コンピューター」
第3回 超伝導量子コンピュータ ~基礎から最新動向まで~

日時:
2024年12月3日(火) 13:30~16:30
場所:
応物会館3階会議室(東京都文京区)+オンライン(ハイブリッド開催)
講師:
中村泰信(東京大学)
内容:

超伝導回路上でどのように量子ビットが構成されるのか,超伝導量子ビットを用いてどのように量子コンピュータが構築されるのか,研究開発の歴史的経緯をたどりながら,現状の課題と今後の展望について説明する.

【目次】
1.超伝導量子ビット誕生の歴史と原理
2.超伝導量子コンピュータの研究開発
3.超伝導量子コンピュータの展望

受講料(消費税込み)

社会人 学生
個人会員 非会員 個人会員 非会員
応物セミナー「量子コンピューター」
全3回通し券
(7月1日受付開始)
14,000円 28,000円 3,000円 8,000円
応物セミナー「量子コンピューター」
第1回 量子コンピューター入門
(7月1日受付開始)
5,000円 10,000円 1,000円 3,000円
応物セミナー「量子コンピューター」
第2回 量子コンピューティングの基礎と量子アルゴリズム
(準備中)
5,000円 10,000円 1,000円 3,000円
応物セミナー「量子コンピューター」
第3回 超伝導量子コンピュータ
~基礎から最新動向まで~
(準備中)
5,000円 10,000円 1,000円 3,000円

※ 第1回および第2回セミナーは,セミナー終了後アーカイブの販売(オンデマンド配信およびテキスト)をしますが,第3回セミナーは販売いたしませんのでご注意ください.

参加申込(リンク先:決済サイト(イベントペイ))

応物セミナー「量子コンピューター」全3回通し券 申込

申込締切:2024年11月25日(月) 正午

応物セミナー「量子コンピューター」
第1回 量子コンピューター入門 申込

申込締切:2024年9月30日(月) 正午

応物セミナー「量子コンピューター」
第2回 量子コンピューティングの基礎と量子アルゴリズム 申込

※ 第2回セミナーの受付は,第1回セミナー終了後に開始します.

応物セミナー「量子コンピューター」
第3回 超伝導量子コンピュータ ~基礎から最新動向まで~ 申込

※ 第3回セミナーの受付は,第2回セミナー終了後に開始します.

講師略歴

川畑史郎(法政大学)

1995年名古屋大学工学研究科結晶材料工学専攻修士課程修了.1998年大阪市立大学工学研究科応用物理学専攻博士課程修了(工学博士).1998年通産省電子技術総合研究所研究員. 2001年産業技術総合研究所研究員.2023年産業技術総合研究所量子・AI融合技術ビジネス開発グローバル研究センター副センター長.2024年より法政大学情報科学部教授.その間,2018年~文科省光・量子飛躍フラッグシッププログラムQ-LEAPサブプログラムディレクタ(量子情報処理領域・人材育成プログラム領域).2019年~2023年一般社団法人量子ICTフォーラム理事及び量子コンピュータ技術推進委員会委員長.2020年~NEDO高効率・高速処理を可能とするAIチップ・次世代コンピューティングの技術開発 量子関連コンピューティング技術 プロジェクトリーダー.2020年~内閣府ムーンショット型研究開発事業目標6「2050年までに,経済・産業・安全保障を飛躍的に発展させる誤り耐性型汎用量子コンピュータを実現」 アドバイザ.2022年~JSTさきがけ「物質と情報の量子協奏」アドバイザ.を兼務.

藤井啓祐(大阪大学)

2011年京都大学大学院工学研究科・博士課程修了.2019年より大阪大学大学院基礎工学研究科・教授.大阪大学量子情報・量子生命研究センター・副センター長,理化学研究所量子コンピュータ研究センター・チームリーダーを兼務.研究分野は,量子コンピューティング・量子誤り訂正・量子アルゴリズム・量子計算複雑性.著書に「驚異の量子コンピュータ: 宇宙最強マシンへの挑戦」(岩波書店).

中村泰信(東京大学)

1992年3月東京大学大学院工学系研究科超伝導工学専攻修士課程修了.2011年10月博士(工学)取得(東京大学大学院 工学系研究科 物理工学専攻).1992年4月日本電気株式会社基礎研究所研究員.2001年9月~2002年8月オランダ・デルフト工科大学応用物理学科 客員研究員.2005年6月日本電気株式会社基礎・環境研究所主席研究員.2012年4月~2022年3月東京大学先端科学技術研究センター教授.2014年2月理化学研究所創発物性科学研究センターチームリーダー.2021年4月~現在理化学研究所量子コンピュータ研究センターセンター長.2022年4月~現在 東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻教授.

お問い合わせ先

応用物理学会事務局 人材育成・教育企画担当
obgmember_service