公益社団法人 応用物理学会

研究活性化支援金

本制度の支援金は,本会の発展ならびに活性化を目指して,設立5年までの研究会,新領域グループ,スチューデントチャプター,若手チャプターが開催する研究会等の事業活動を支援することを目的に作られたものです.研究活性化支援金規程はこちらをご確認ください.

支援金には,A枠(申請1件につき40万円以内),B枠(申請1件につき20万円以内)の2種類があり,それぞれの支援対象は,下記のように定められています.

A枠
応用物理学研究の活性化,異分野との境界領域など更なる研究分野の開拓,新会員獲得,研究活動に関する会員サービスの向上に貢献し本会の発展を目指す,継続性のある新しい試みを対象とする.支援金は1件につき,40万円以内とする.
B枠
研究活動の活性化を図るために行う研究者の招聘,参加費軽減を目的とした事業費(会場費・印刷費等)の援助を対象とする.支援金は1件につき,20万円以内とする.

本制度を利用されようとする場合,所定の申請書を提出していただくことが必要です.申請は,3月,5月,9月の月末に締め切られ,経理会議の審査を経て,原則申請締め切りの翌月に開催される理事会にて可否が決定されます.また,支援を受けられたものについては,対象となった研究活動が終了後,速やかに所定の報告書をもって「実績報告書」を提出していただきます.

なお,全体予算に限りがありますため必ずしも申請されたとおりの支援が行えない場合もありますが,応用物理学会の更なる発展に向け積極的な応募をお願い致します.

ご不明な点などございましたら,下記までお問い合わせください.

応用物理学会事務局 経理担当
TEL: 03-3828-7725
FAX: 03-3823-1810
obgkaikei

「研究活性化支援金制度」関係書類

事業終了後,速やかに「実績報告書」を経理会議に提出してください.