ホーム 応用物理学会の概要 諸規程 応用物理学会会員資格審査基準 戻る

応用物理学会会員資格審査基準

本会細則第1条によって入会申込みをした者に対し以下の基準により資格を審査する.

  • 1 正会員の入会資格
    下記3項すべてをみたす者
    • 1) 大学・高等専門学校で応用物理学に関係のある学科を専攻した者,またはこれと同等以上の学識を有すると認められる者.
    • 2) 応用物理学の研究,社会への応用,教育,普及等に関し本会の事業に参加し,または本会の発展に寄与しうる者.
    • 3) 原則として,本会正会員により入会が適当であると認められ,紹介された者.
  • 2 賛助会員の入会資格
    応用物理学に関係ある事業を行ない,本会の事業目的に賛同し,本会のために経済的に寄与し得る個人,法人または団体.
  • 3 学生会員の入会資格
    下記2項をみたす者
    • 1) 1. 1) に述べる学科等に在学中のものであって,将来,本会正会員となることが期待できる者.
    • 2) 原則として,前項に関し適当であると認められ,本会正会員により紹介された者.
  • 4 特別会員の入会資格
    応用物理学に関連する研究,教育,普及を目的とする法人,団体または公共機関であって,応用物理学の振興を通じ本会の事業に協力する者.

付帯事項1 : 公共機関が本会の提供する情報を定期的に利用するときは,理事会が認めた場合,特別会員に準じて扱うことができる.

付則
  1. 昭和58年9月8日 理事会
  2. 平成11年11月26日 理事会