応用物理学会研究組織比較表


分科会 研究会 新領域グループ
該当規則 分科会規程 研究会規程 新領域グループ規程
会員資格
  • 学会会員
  • 分科会会員
  • 学会会員
  • 学会非会員
  • 学会会員
  • 学会非会員
会員数 2000〜300人 500〜50人 10人程度以上
責任者名称 分科会幹事長 研究会委員長 新領域グループ代表者
設置期間 3年,延長可 3年,延長可
設立・解散の認可 理事会の議決
運営 学会本体と一体運営 独自運営 独自運営
学会運営への参加 理事会にオブザーバー参加 研究会委員長会議
(年1回)
責務
  • 毎年度に事業計画案、予算案を策定
  • 毎年度末に事業報告、決算報告
  • 理事会に活動報告
事務処理 各会
会計処理 本部事務局 各会 各会
予算
  • 分科会会費等
  • 賛助会員還元金
  • 本部補助金
(学会事務費を分担支出)
  • 各会の独自収入
  • 研究会援助金(一律20万円,最初の3年のみ)
  • 研究活性化支援金申請可
  • 各会の独自収入
  • 本部からの定例的な援助金なし
  • 研究活性化支援金申請可
設立目的
(該当規則第1条)
学会は,学会発展のため,必要あるときは理事会の決議により学会内に分科会をおくことができる 学会内に研究会を設ける.研究会は応用物理学およびその周辺研究分野の研究者間の連絡をはかり,その分野の発達に寄与することを目的とする.また比較的期間一定の研究題目に従事するグループも研究会とすることができる 学会内に新領域グループを設ける.新領域グループは,応用物理学に関連する新領域の開拓を目指す研究者間の連絡をはかり,当該分野の発展に寄与することを目的とする
性 格 既に確立した研究分野で小規模な学協会程度
  • 確立しつつある新規分野で比較的多人数が参加,学会会員を中心として非会員も参加可
  • 将来,分科会に発展することを期待
  • 萌芽期の研究分野で少人数で設置可,学会会員を中心として非会員も参加可
  • 将来,研究会に発展することを期待
特 典
  • 機関誌に会合通知を掲載
  • ウェブサーバー利用可
その他 萌芽的な分野に設立を働きかける