ホーム プレスリリース 春季応用物理学関係連合講演会のプレビュー発表内容 戻る

春季応用物理学関係連合講演会のプレビュー発表内容

平成19年3月22日
社団法人 応用物理学会
  • 会長挨拶、学会の紹介
    大阪大 会長 尾浦 憲治郎
  • ZnOエレクトロニクスの展望(透明電極、透明トランジスタ、紫外発光素子)
    東北大 川崎 雅司
  • 春季講演会シンポジウム概要
    長崎大 藤山 寛
  • 科学教育:応物独自の全国展開リフレッシュ理科教室の10年
    名古屋大 高井 吉明
  • 公的研究費を考える −人材育成と国際競争力の視点から−
    早稲田大 竹内 淳
  • 応用物理学14分野のアカデミックロードマップ(25年後の予測:中間報告)
    東京大 荒川 泰彦
  • シリコンナノエレクトロニクスの新展開(微細化の壁:特性ばらつきの解明)
    東京大 平本 俊郎
  • 超伝導検出器による計測の展望(X線〜テラヘルツ:宇宙、生体、量子情報)
    産総研 大久保 雅隆
  • 電磁メタマテリアル(ナノフォトニクスにおける不思議な負の屈折率材料)
    理研 岡本 隆之