ホーム講演会・国際会議・研究集会 戻る

講演会・国際会議・研究集会

応用物理学会では、毎年、春と秋に全国規模の学術講演会を開催しています。東京近郊で開催される春季講演会では約9,000名、東京地区以外で開催される秋季講演会では約6,000名が参加し、4,000件におよぶ講演と活発な討論が行なわれます。18の常設分科と合同セッションでの一般講演(口頭・ポスター)に加えて、分科内総合講演やシンポジウムなど招待講演も開催されています。また、理化学・計測機材展(展示会)を併設し、産官学のコミュニケーションの場を提供しています。

応用物理学会主催,あるいは他学会との共同主催で,応用物理学とその関連分野の国際会議を年間約20件開催しています。応用物理学会会員は,これらの国際会議に会員価格で出席できることがあります。

学術講演会

本会主催・共催国際会議

研究集会日程