ホーム HEADLINE NEWS 先進パワー半導体分科会発足のお知らせ 戻る

先進パワー半導体分科会発足のお知らせ

近年、電力系統や家電製品、産業用機器・情報通信機器電源、電鉄運転制御システム、カーエレクトロニクス等における電力変換器(インバータ)の高効率化、小型化、高信頼化、及び新規大量導入が省エネの観点から大きく期待され、それらの電力制御を扱う技術分野としてパワーエレクトロニクスが注目されています。このような状況下、社会のニーズに応え、パワーエレクトロニクスに革新をもたらすSiC、GaN、ダイヤモンド、Si等の先進パワー半導体材料・素子の研究開発の大幅な進展と広範な普及を図るため、2014年1月から応用物理学会先進パワー半導体分科会を発足させることになりました。

本分科会では、先進パワー半導体に係る幅広い分野の研究者が一堂に会する講演会や個別テーマ毎の討論会等を主催するとともに、チュートリアル等の若手人材育成・支援事業等を適宜実施し、これらの活動を通して、先進パワー半導体の結晶成長、結晶・物性評価、素子化プロセス、素子作製・評価、システム開発等の各分野に横たわる基礎的問題の解決や実用化促進に結び付け、パワーエレクトロニクスの進展とこれを活用した超省エネエコ社会の構築、低炭素化社会の実現に貢献することを目指します。本分科会の目的に賛同され、活動に参画いただける皆様には積極的にご入会いただきたく宜しくお願い致します。

分科会に入会を申し込まれた応用物理学会会員は正会員、応用物理学会非会員で入会が承認された方は準会員となります。年会費は、正会員が2,000円(学生は1,000円)で、準会員は4,000円(学生も同額)です。会員には、分科会が主催する講演会、個別討論会、チュートリアル/スクール等のメール案内や参加料金の割引、定例講演会(年1回開催)予稿集の配布を行います。

なお、分科会の新規会員申込は、応用物理学会ホームページを介して受付を行う予定です。受付開始は、学会の新会員管理システム構築の都合上、2014年1月20日以降となる見込みです。個人会員の他、賛助会員(1口:年額40,000円)も併せて募集いたします。詳細は、応用物理学会ホームページや近々に開設予定の先進パワー半導体分科会ホームページであらためて案内いたします。