OYO BUTURI
Vol.88
No.7
2019
7
20197887

応用物理 第88巻 第7号 (2019)

スピントロニクス/光導波路/リチウムイオン電池/透過型電子顕微鏡/原子時計

Cover of OYO BUTURI Vol.88 No.7 (2019)
応用物理学会 電子書籍本棚
Cover photo of OYO BUTURI Vol.88 No.7 (2019)

1960年代にT.H.R. Skyrmeによってバリオンの数理モデルとして提唱された「スキルミオン」と,最近になって空間反転対称性の破れた磁性体中で発見された「磁気スキルミオン」の関係を示す概念図.ベクトル場が球を覆い尽くすように放射状に伸びるハリネズミ型のスキルミオン(左上)は,ネール型(左下)やブロッホ型(右下)の磁気スキルミオンとステレオ投影やz軸回りの回転操作によって結び付けられる.これらの磁気スキルミオンが多彩な物性現象とスピントロニクス機能の宝庫であることが近年の研究で明らかになった.(p.460参照)

今月号の概要

解説

研究紹介

受賞者紹介

  • 応用物理学会 第13回(2019年度)フェロー表彰者紹介
    PDF
  • 第46回(2019年春季)応用物理学会講演奨励賞受賞者・
    第13回(2019年春季)Poster Award 受賞ポスター紹介
    PDF

Science As Art

  • 真夜中のひまわりと朝顔
    稲生 穂乃香荒木 秀明
    PDF

特別記事

  • 超伝導量子ビットとの出会い
    中村 泰信
    PDF
  • ペロブスカイト太陽電池の発見の背景と学際研究の推進
    宮坂 力
    PDF
  • 混晶半導体とは,追い求めて50年 ─ 何がわかって,課題として残っているのは何か
    佐々木 昭夫
    PDF

基礎講座

Inside Out

  • どっち? 米国での研究活動 ─ 企業と大学にて
    野村 研二
    PDF