OYO BUTURI
Vol.88
No.3
2019
3
20193883165
応用物理 第88巻 第3号 (2019)
今月号の概要

結晶成長・プロセス技術と機能材料への展開

『応用物理』編集委員会

今号では,原子層レベルからマイクロメートルオーダの結晶成長・プロセス技術やその応用展開,発光・熱制御や磁性体などの機能材料の開発・評価技術について最新の研究事例を取り上げます.

「解説」では2件の記事を取り上げます.計算科学も含めた材料設計・育成技術によりフラックス結晶成長を高機能化し,可視光応答光触媒,全固体リチウムイオン2次電池,無機イオン交換体など,さまざまなデバイス開発に応用した例を取り上げます.次に,プラズマを用いた原子層エッチングを取り上げます.吸着過程と反応過程を分離することにより原子層エッチングが可能となることや,自己律速型反応の重要性について,最近の事例とともに解説します.

「研究紹介」では5件の記事を取り上げます.まず,単層カーボンナノチューブ(SWNTs)の発光に関する技術として,SWNTsの化学修飾による発光特性制御技術を紹介します.SWNTsへの化学修飾手法と,それによる発光波長や発光効率制御について説明します.次に,巨大な負熱膨張物質について取り上げます.金属間電荷移動に起因して,既存の6倍もの負熱膨張を示す材料,ならびにそれをエポキシ樹脂に分散させたゼロ熱膨張コンポジット,そして強誘電‐常誘電転移に起因して巨大負熱膨張を示す材料について紹介します.また,フォノンエンジニアリングに関する技術として,ナノスケール熱輸送の制御・設計技術を紹介します.境界散乱,フォノン波の伝播変調,マテリアルズインフォマティクスと新たな構造設計などの概要について説明します.続いて,アルカリと遷移金属を含有するリン酸塩ガラスの結晶化と,全固体型を含むナトリウムイオン電池への展開について最新の検討結果を紹介します.最後に,磁気マイクロ微粒子の表面ではなく内部に存在する磁区構造について,放射光を用いて3次元的に可視化する技術を紹介します.

応用物理 第88巻 第3号 p.165 (2019) 掲載