OYO BUTURI
Vol.88
No.2
2019
2
20192882110
応用物理 第88巻 第2号 (2019)
研究紹介

レーザー超高圧状態の探査から新物質材料創生へ

兒玉 了祐1尾崎 典雅1

パワーレーザーにより地上で最も高い圧力を発生制御する技術を利用し,新物質状態を探査するとともに新しい材料創生の可能性を探求している.1000万気圧以上の世界では,液体金属炭素やダイヤモンドよりはるかに硬いと思われるスーパーダイヤモンドなど,新しい物質状態が存在する.このような状態を探査することは材料科学の観点のみならず,惑星科学の観点からも重要であり有用である.さらに,レーザーによる超高圧制御技術とともに超高速圧縮歪(ひず)みを利用した超高圧新物質高効率生成技術,強い非平衡性を利用した高圧相凍結技術とともにX線自由電子レーザーによるダイナミクス診断技術を融合することで,レーザーによる新物質材料創生を目指している.

  • 1 大阪大学 大学院工学研究科レーザー科学研究所
応用物理 第88巻 第2号 p.110 (2019) 掲載