OYO BUTURI
Vol.88
No.1
2019
1
2019188112
応用物理 第88巻 第1号 (2019)
解説

強磁性金属におけるスピンオービトロニクスの新展開

小野 輝男1

スピンオービトロニクスとは,スピンと電荷を利用するスピントロニクスに軌道の自由度を加えてさらに発展させようとする研究分野である.本稿では,スピンと軌道を結び付けるスピン軌道相互作用,効率的磁化操作を可能とするスピン軌道トルク,およびスキルミオンなどの特殊なスピン構造形成に必要なジャロシンスキー‐守谷相互作用について概説する.最近の新たな展開として,反強磁性体やフェリ磁性体におけるスピンダイナミクスとそれらのスピンオービトロニクスへの利用についても紹介する.

  • 1 京都大学 化学研究所
応用物理 第88巻 第1号 p.12 (2019) 掲載