OYO BUTURI
Vol.87
No.4
2018
4
20184874251
応用物理 第87巻 第4号 (2018)
総合報告

NV中心の物理と応用への魅力

水落 憲和1

ダイヤモンド中の窒素‐空孔(NV)中心は,その単一スピンの観測が実現して以来,量子センサや量子情報処理に関する多くの重要な研究が行われ,注目される.ダイヤモンド合成技術の発展などにより,NV中心の電子スピンは,室温下でもコヒーレンスをミリ秒以上保持するようになり,センサの観点では高感度化がもたらされた.単一系に加え集団系でも,NV中心は磁場,電場,温度,圧力などの高感度センサとして幅広い分野での応用が期待される.また,量子情報素子としても魅力的である.核スピン,光子,超伝導量子ビットなどさまざまな量子系との量子ハイブリッド化によるセンサ感度向上や,量子情報素子における多量子ビット化などの特性向上の面でも注目される.

  • 1 京都大学 化学研究所
応用物理 第87巻 第4号 p.251 (2018) 掲載