OYO BUTURI
Vol.87
No.1
2018
1
201818716
応用物理 第87巻 第1号 (2018)
最近の展望

日常生活に生きる近赤外分光技術

大倉 力1

近赤外分光においては,装置の低雑音化とデータ処理を組み合わせることによりスペクトルのわずかな変化を検出し,試料成分の定量分析が可能となった.1980年代より日常生活に関連する生産品の非破壊,かつ迅速な品質評価,成分定量のツールとして広く利用され,応用分野は拡大している.最新の近赤外分光技術と日常生活での応用について報告する.

  • 1 株式会社相馬光学
応用物理 第87巻 第1号 p.6 (2018) 掲載