ホーム 本会の賞 応用物理学会論文賞 応用物理学会論文賞規程 戻る

応用物理学会論文賞規程

(趣旨)
  • 第1条本規程は,社団法人応用物理学会が応用物理学分野の学術の発展のために会員等に対して行う「応用物理学会論文賞」の表彰に関して定めるものである.
(賞の種類)
  • 第2条応用物理学会論文賞として「応用物理学会優秀論文賞」、「応用物理学会論文奨励賞」および「応用物理学会解説論文賞」の三つの賞を設け,毎年選定し会長が表彰する.
(応用物理学会優秀論文賞)
  • 第3条応用物理学会優秀論文賞は,応用物理学の進歩向上に寄与する優秀な原著論文であって,原則として表彰の年の前々年および前年(暦年)の2カ年中に論文誌「Japanese Journal of Applied Physics」および「Applied Physics Express」に発表された論文より選定し、その著者を表彰するものとする.
  • 2.表彰論文数は毎年10件以内とする.
(応用物理学会論文奨励賞)
  • 第4条応用物理学会論文奨励賞は,応用物理学の進歩向上に貢献すると期待される優れた若手研究者であって,原則として表彰の年の前々年および前年(暦年)の2カ年中に「Japanese Journal of Applied Physics」および「Applied Physics Express」に発表された論文の主たる著者から選定し,その者を表彰する.
  • 2.表彰の対象となる者は,表彰の年度の4月1日において満35歳未満であり,同賞の受賞歴の無い者とする.
  • 3.表彰される者を選定する論文件数は,毎年10件以内とする.
(応用物理学会解説論文賞)
  • 第5条応用物理学会解説論文賞は,応用物理学会会員にとって啓発的,教育的であり応用物理学の進歩向上を促す著作物であって,原則として表彰の年の前々年および前年(暦年)の2ケ年中に機関誌「応用物理」または「Japanese Journal of Applied Physics」に掲載された総合報告,解説,およびInvited Paper等の著作物から選定し,その著者を表彰するものとする.
  • 2.表彰件数は毎年3件以内とする.
(応募)
  • 第6条応用物理学会論文賞への応募は,自薦または他薦により行うことができる.
  • 2.応用物理学会優秀論文賞と応用物理学会論文奨励賞については,併願を認める.
(選定と公表)
  • 第7条応用物理学会論文賞の受賞論文および受賞者は,会長が指名する委員で構成される応用物理学会論文賞委員会で選考し,理事会で決定する.
  • 2.会長は,決定後すみやかに受賞者に通知するとともに,機関誌「応用物理」ならびに応用物理学会ホームページで周知する.
(受賞者の会員としての制限)
  • 第8条応用物理学会優秀論文賞および応用物理学会論文奨励賞受賞者は,表彰の時点において,原則として応用物理学会の正会員,名誉会員,功労会員,または学生会員であるものとする.
(表彰の時期)
  • 第9条表彰は,応用物理学会秋季講演会において行うものとする.
(副賞等)
  • 第10条受賞者には,賞状を授与するとともに副賞としてメダルを贈呈する.
  • 2.海外在住の受賞者が授賞式に出席する場合は、別に定める基準にしたがい補助する.
(雑則)
  • 第11条本規程は,理事会の承認を経て変更することができる.
付則
この規程は1979年4月1日より実施.
1980年1月16日一部変更,1980年10月25日一部変更,1986年7月8日一部変更,1990年7月5日一部変更,1991年11月28日一部変更,1994年7月6日一部変更,1997年9月11日一部変更,1998年7月6日一部変更,1999年7月6日一部変更,2000年3月23日一部変更,2001年10月18日一部変更,2003年10月16日一部変更,2004年11月19日一部変更,2006年10月13日一部変更,2008年11月19日一部変更,2009年10月15日改訂