研究会

応用物理学会では、本会の発展のために、ならびに応用物理学とその周辺の研究分野の研究者間の連携をはかり、その分野の発展に寄与するために、機能的な活動をする目的でいくつかの時限の研究会が設けられております。

研究会は新しい研究領域へのチャレンジを促進するために設けられた比較的小さな組織で、原則として3年間の間、毎年20万円の補助金を受け、研究会会員の自由なご発想による活動・運営ができます。(さらに、別途申請により、理事会の承認を経て、研究活性化支援金からも補助を受ける途があります)。
また、分科会への格上げも可能です。

新しい研究会を設立したい場合には研究会の設立についてをご覧ください。


研究会および連絡先(2016年10月現在)

量子エレクトロニクス研究会

多元系化合物・太陽電池研究会

光波センシング技術研究会

ランダム系フォトエレクトロニクス研究会

スピントロニクス研究会

シリサイド系半導体と関連物質研究会

テラヘルツ電磁波技術研究会

ナノインプリント技術研究会

エネルギーシステム研究会

有機ナノ界面制御素子研究会

励起ナノプロセス研究会

集積化MEMS技術研究会

埋もれた界面のX線・中性子解析研究会

界面ナノ電子化学研究会

磁気科学研究会

産学協働研究会

極限ナノ造形・構造物性研究会

微小光学研究会