ホーム 応用物理学会の概要 沿革・基本活動方針 戻る

沿革・基本活動方針

応用物理学会の沿革

本会の起源は、東京大学工学部と理化学研究所の有志の間で1930年頃から行なわれていた応用物理談話会にまでさかのぼります。

この談話会では、学問理論をいかに実社会へ適応するかを念頭において、物理から電気、機械、金属、化学など広い範囲にわたり、ときには既存の学問分野の枠内に収まらない、いわゆる学際的な問題が数多く議論されてまいりました。そのうちに、たんなる議論にとどまらず雑誌を作りたいという気運が高まり、後に日刊工業図書出版株式会社の社長になられた倉橋藤次郎氏が出版を引き受けられて、1932年7月に雑誌「応用物理」が創刊されました。

物理学と工学を結ぶ応用物理学という名を冠する雑誌は、実は本誌が世界ではじめてのものです。創刊号では長岡半太郎、本多光太郎、大河内正敏の三氏が、工学と物理学の接点としての応用物理学の重要性を説いておられます。

「応用物理」は第2次世界大戦中も途絶えることなく刊行され、研究者への貴重な情報源としての役割を果たしてきました。

第2次世界大戦後の1946年、それまでの活動を基にして、社団法人「応用物理学会」が発足。初代会長には談話会の中心であった真島正市博士が就任し、「応用物理」は学会の会誌となりました。以後、本学会は、半導体、光・量子エレクトロニクス、新素材など、それぞれの時代で工学と物理学の接点にある最先端課題、学際的なテーマに次々と取り組みながら活発な学術活動を続けております。

さらに本学会活動のほとんどが公益活動であるため、2010年9月9日に公益社団法人への移行申請を行い、2011年5月20日付で内閣総理大臣より認定を受け、そして同年6月1日に新法人登記を行い、正式に公益社団法人応用物理学会となりました。今後の活動にも、公益性の高い学会としてより広く活動を展開し、社会連携事業にも真摯に取り組んでいきます。

応用物理学会の主な活動

学術講演会

毎年、春と秋に全国規模の学術講演会を開催しています。毎回、6,000〜9,000名の会員様が参加し、4000件におよぶ講演と活発な討論が行なわれます(下図参照)。
その他にも国際学会を含めた数多くの講演会や研究会を開催しております。

講演会分科別発表件数(春季・秋季合計)
graph.gif
応用物理学会将来ビジョン検討ワーキング調査報告より
<応用物理学会は、科学技術の発展を先取りしつつ成長しています>
  1. 1980年頃からのLSI技術の飛躍的な発展および超電導フィーバーにより、発表件数が大きく伸びました。
  2. その後半導体Aは日本の産業の米とも言われたLSIテクノロジーの発展を支え、1994年には半導体Aの発表件数が1,000件を越えました。
  3. それ以降は半導体Aは減少傾向にありますが、代わって、量子エレクトロニクス、有機・分子バイオ分野の件数が増えています。
  4. さらに、2008年にはあらたにプラズマエレクトロニクス、スピントロニクス分科が誕生しました。

人財育成・教育事業

応用物理学会では、チュートリアルテーマや専門分野の入門講座として「応用物理学会スクール」、小中学生及び小中高校教員対象の科学実験教室「リフレッシュ理科教室」等様々な教育イベントを行っております。
さらに、一般の方を対象に、教育討論会「教育シンポジウム」、最先端技術をわかりやすく解説する「公開講演会」などを開催しております。

機関誌・論文誌

応用物理

応用物理学会では和文機関誌「応用物理」(A4版本文約100ページ)を毎月発行し、会員の皆様に無料で送付しています。

Applied Physics Express(APEX)

Applied Physics Express (APEX) は、応用物理学において、新しい研究結果に関する最新かつ簡明なレポートの迅速な普及を目的としたレター誌です。

APEXは、Japanese Journal of Applied Physics (JJAP) Letter Section, JJAP Part2の後継誌であり、JJAP Part2の世界的な認知度・高インパクトファクターを引き継いでいるだけではなく、高品質かつ迅速な刊行をさらに目指しています。ジャーナルのポリシーとしては、発行された論文における高度な科学的・技術的なインパクトを特に重視しています。

Japanese Journal of Applied Physics (JJAP)

Japanese Journal of Applied Physics (JJAP) は、応用物理学のすべての分野における知識を向上・普及させる国際的なジャーナルです。

このジャーナルは、特定用途を企図した物理学の理解を増進させるための記事や、物理原則の応用をテーマとする論文を発表します。

また、VLSI技術を含む半導体デバイス、光デバイス、超伝導体、および磁気録音といった現代技術の各分野を対象とするだけでなく、プラズマ物理学、粒子加速器、ナノサイエンスとテクノロジー、生命科学といった件の広範な研究対象も取り扱い、潜在的に実用化の可能性を有する技術に関連した学術的分野における論文を歓迎します。

JJAPは、Regular Papers, Rapid Communications, Brief Note, およびReview Papersを中心としています。さらに、毎年10編程度の特集号が発行されます。これらは、国際会議や研究グループの最新の研究成果に基づく論文を含んでいます。

また、応用物理学において特定のトピックを強調する、“Selected Topics in Applied Physics” (STAP) という特別なセクションがあります。このセクションは、特定の研究領域において急速に発達する最新の話題を特集します。

  • APEXおよびJJAPの購読を希望する正会員および学生会員の方は、応用物理学会本会の会員特典として、個人会員価格での定期購読が可能です。マイページにログインしてお申込みください。

Optical Review

日本光学会(応用物理学会分科会)から光学に関する国際学術誌 OPTICAL REVIEW を隔月で発行しています。

支部・分科会・研究会など

応用物理学会には北海道、東北、東海、北陸・信越、関西、中国四国、九州の7支部があります。
さらに、特定の専門分野を取り扱う分科会研究会があります。支部、分科会、研究会ではそれぞれ独自に講演会や見学会などを企画、開催しているほか、いくつかの分科会では独自に会誌を刊行しております。
また、分科会や研究会が対象とするような確立した分野だけでなく、萌芽期にある研究領域を対象にした新領域グループも支援しています。
国際学術交流としては、関連する国外の学会と相互協定および協力協定を結んでおります。

これらの活動の詳しい内容については、ホームページのそれぞれの項目をご覧下さい。