ホーム 会員ページ よくあるご質問 戻る

会員Q&Aよくあるご質問

A. 個人会員について B. 会費について C. 法人会員について D. 講演会について

A. 個人会員について

A-1. 紹介者について
本会へ入会を希望する場合,正会員のうち一般会員,シニア会員,終身会員,功労会員,名誉会員のいずれかの会員からの紹介が必要です.
分科会へ入会を希望する場合,上記の正会員,もしくは分科会会員からの紹介が必要です.
学生・院生会員は紹介者として認められませんのでご注意ください.在学中の方が入会する場合は,指導教員に紹介者になっていただくようお願いしてください.

《紹介者が身近にいない場合》
ご所属,年齢,本会入会を希望される理由,研究分野及び略歴などを添付し,会員係(へ申請ください.担当理事等が添付された情報を参考に審査いたします.ご登録が完了するまで一週間以上のお時間を要する場合がございますのでご注意ください.
A-2.本会会員,準会員とは
本会会員(旧名称:B会員)とは,本会のみ,もしくは本会と分科会両方に所属している会員です.本会会員には,正会員(一般会員,院生会員,シニア会員,海外博士特別会員,終身会員,功労会員,名誉会員)と学生会員が含まれます.
準会員(旧名称:A会員)とは,分科会のみに所属していて応用物理学会本会には所属していない会員です.
A-3.入会者の基準(中学生でも学生会員になれますか?)
定款第5条で学生会員は,学部生もしくはそれに準ずる者としており,さらに会員資格審査基準で,入会の基準を設けております.
中学生は,学生会員にはなれません.

参照応用物理学会定款応用物理学会会員資格審査基準
A-4.準会員から本会会員への変更
準会員から本会会員への変更を希望される場合は,マイページにログインし,“本会のお申込”メニューから応用物理学会本会への入会申込をしてください.
なお,本会会員が分科会に入会する場合も,マイページにログインし,“分科会のお申込”メニューから分科会の追加登録が可能です.
A-5.一般会員から学生・院生会員への変更

マイページにログインし,“学歴の照会・修正”メニューより,学歴情報の修正を行ってください.卒業もしくは修了予定年月までは学生会員,院生会員となります.
事務局へ変更依頼をされる場合は,下記情報をご連絡ください.

 • 一般会員 → 学生会員の方:
学校名,学部,学科,卒業予定年月をお知らせください.在学証明書は不要です.
 • 一般会員 → 院生会員の方:
学校名,研究科,専攻,修了予定年月,最終コース(修士or博士)をお知らせください.在学証明書は不要です.
A-6.シニア会員になるには

シニア会員になるには,満60歳以上の本会会員で,定職についていない旨の自己申告を9月末までにいただき,理事会にてシニア会員申請の報告が完了する必要がございます.申請が受理された翌年の会費から,学生会員会費と同額とさせていただきます.

  • 定職についていないとは,正規の職員として職場に所属していないことです(アルバイトやパートタイマー等).
  • 分科会にはシニア会員制度はありません.

《申請方法》
下記書類をダウンロードし,所定の項目を記載のうえ,e-mail,FAX,郵送にてご連絡ください.
申請受付期間 :
1月1日〜9月30日
申請資格 :
申請年の12月末日時点で,満60歳以上かつ定職についていない正会員
送付先 :
 • E-mail :
 • FAX :
03-5802-6250
 • 郵送 :
〒113-0034 東京都文京区湯島2-31-22 湯島アーバンビル7階
公益社団法人 応用物理学会 会員係
A-7. 登録情報変更(住所・勤務先・メールアドレス等の変更)

登録情報を変更するには,①マイページからご自身で変更する方法,②応用物理学会事務局へ変更申請する方法,③登録情報変更依頼書で変更申請する方法があります.

①マイページでの変更方法
マイページにログインした後,“ご登録内容の紹介・修正”メニューより変更してください.
②応用物理学会事務局へ変更申請する方法
E-mail,FAX,郵送いずれかにて事務局へ変更内容をお知らせください.フリーフォーマットにて,会員番号,氏名,変更内容をお知らせください.学歴情報を変更する場合は,学校名,研究科,専攻,修了(予定)年月,最終コース(修士or博士)をお知らせください.変更内容更新にシステム上,多少お時間がかかります.
③登録情報変更用紙で変更申請する方法
機関誌『応用物理』奇数月号に登録情報変更依頼書を同封しています.また,下記からもダウンロードすることができます. 用紙に変更事項をご記入の上,FAXもしくは郵送にて応用物理学会にお送りください.
《登録情報変更依頼書送付先》
 • E-mail :
 • FAX :
03-5802-6250
 • 郵送 :
〒113-0034 東京都文京区湯島2-31-22 湯島アーバンビル7階
公益社団法人 応用物理学会 会員係
ご注意

本会では住所・勤務先・メールアドレス等個人情報に関わる変更につきまして,お電話での変更,または代理の方からの変更は原則承っておりませんのでご了承ください.
(但し,ご本人の意思であることが確認できる場合は承ります)

A-8. 氏名・生年月日の変更
本会では,個人会員の名義変更は承っておりません.新しく個人会員として登録をご希望の場合は,新規入会申込手続きをお願いいたします.
但し,結婚等による氏名変更の場合は,会員係(までご連絡ください.
A-9. 分科会の追加登録
本会会員が分科会に入会する場合,マイページにログインし,“分科会のお申込”メニューから分科会の追加登録が可能です.
A-10. JSAP ID, パスワードの再発行

JSAP ID,パスワードはパスワード再発行ページから再発行できます.
会員情報としてご登録いただいたメールアドレス宛に,JSAP IDと仮パスワードをお送りします.その後,24時間以内にマイページにログイン頂き,パスワードの変更をお願いします.

仮パスワード再発行のメールが届かない場合は,ご登録いただいているメールアドレスが無効となっておりますので,会員係(まで新しいメールアドレスをご連絡ください.

ご注意

パスワードを設定いただく際,氏名,生年月日等,第三者に推測されやすいパスワードの設定はお控えください.

A-11. マイページに入れないときは
当会Webページのご利用には,マイページのご利用環境についてに記載のPC環境を推奨しています.「認証に失敗しました」というエラーメッセージが出る場合は,推奨環境を持つ別のパソコンで再度お手続きください.
また,JSAP ID, パスワードをコピー&ペーストする場合は,前後の空白文字を含まないようにご注意ください.
A-12. 機関誌『応用物理』の送付時期
毎月月初発送予定です.多少遅れる場合もありますのでご了承ください.
A-13. 機関誌・分科会誌が届かないときは

下記のケースが考えられますので, ご確認ください.

① 送付先住所が無効となっている
指定送付先が返送などで無効となった場合,他の登録住所に送付先が自動的に切り替わります.会誌が届かない場合,全ての登録住所が無効となっている可能性がございますので,マイページより有効な住所を登録するか,会員係(までご連絡ください.
② 会費を滞納している
当年度の会費を滞納している場合,5月号より会誌の送付が停止されます.マイページより会費をお支払いいただきますと,送付が再開されます.停止されていた分のバックナンバー送付をご希望の場合は,会員係(までご連絡ください.
③ 退会となっている
会費を一年間お支払いいただかないと,会員資格を喪失することになり,会誌の送付も停止されます.会員復活する場合は会員係(までご連絡ください.
A-14. 機関誌・分科会誌の海外送付はできますか?
機関誌・分科会誌の海外送付は船便にて可能です.送料は無料(本会負担)です.
A-15. 機関誌『応用物理』を購入できますか?
一般書店ではお買い求めできません.
学校等,教育・公益機関は特別会員として機関誌『応用物理』を購読いただけます.
A-16. APEX/JJAPの購読
本会会員の方は,会員特典として,個人会員価格にてAPEX/JJAPのオンライン購読が可能です.2013年でDVD・冊子のサービスは廃止となり,購読料が3,000円に価格改定されました.
マイページにログインし,“APEX/JJAP Onlineのお申込”メニューから購読をお申し込みください.お支払が確認でき次第,APEX/JJAPの閲覧が可能となります.
A-17. APEX/JJAPの閲覧方法
APEX/JJAP Onlineは2014年1月からIOP Publishingに業務委託しています.
閲覧には,①マイページからアクセスする方法と②IOP閲覧サイトから直接アクセスする方法があります.詳しくはAPEX/JJAP Onlineの閲覧方法のページをご覧ください.
A-18. 退会について

退会を希望される方は,その年の12月31日までに必ず退会手続きを完了させてください.
1月1日以降の退会申請は翌年度退会の扱いとなり,翌年度の会費が発生してしまいますのでご注意ください.

《退会申請方法》
  • マイページにログインいただき,“退会申請(本会/分科会)”メニューから退会申請する.
  • 事務局に会員番号,氏名,退会希望(即時or年度末)を明記の上,e-mail,FAX,郵送のいずれかにより連絡をする.(お電話でのご連絡は承っておりません.必ず,履歴が残る方法でご連絡ください)
ご注意

手続きが完了しましたら必ず,事務局から退会手続き完了のご連絡をいたします.ご連絡いただいてから一ヶ月以上経っても事務局から完了の連絡が届かない場合は,退会のお申し出が事務局に届いていない可能性がございますので,会員係(までご連絡ください.

A-19. 休会制度はありますか?
大変申し訳ございません,休会制度はございません.
A-20. 再入会と会員復活について

退会した当年または翌年に再度入会を希望される場合は,会員復活となります.(Webから新規入会申込はできません) マイページにログインし“退会取消”メニューから会員復活が可能です.

  • 退会取消されますと,退会時のご登録内容に従い,今年の会費請求金額が自動的に決まります.
  • 現在学生の方で,マイページ上方に表示されている会員種別が一般会員になっている場合は,先に学歴情報を登録してください.会費が学生会員価格に自動的に修正されます.

退会して2年以上経過後に再度入会される場合は,Webから新規入会申込をしてください.

A-21. 会員証はいつ届きますか?
会費をお支払いいただきますと領収書と一緒にメールまたは郵送にて送付されます.
但し,自動引落でお支払いいただく場合は請求書と一緒に送付されます.
新規入会の場合は毎月20日の入会処理後に,入会決定通知のメールと一緒に送付されます.
また,会員証はマイページの“請求書/会員証ダウンロード”メニューからもダウンロード可能です.
A-22. 他の会員の方の連絡先を知りたい

個人情報保護の観点より,原則お教えできません.
まずご依頼の趣旨を会員係(までメールでお送りください.
当会より該当会員へメールを転送いたします.

メールがない場合はFAX,はがき等でも結構です.お電話でのお問合せはご遠慮ください.
A-23. 代議員選出権について
正会員(大学院生含む)は代議員選挙権をお持ちです.ただし,学生会員の方には選挙権がございません.
A-24. 支部への所属

支部へのご所属はご自宅のご住所により決まります.ご自宅の登録がない場合には,いずれの支部にも所属されないことになります.ご注意ください.
(ただし,関東地区については現在支部としての活動を行っておりません)

支部コードお住まいの都道府県
北海道 1北海道
東北 2福島・宮城・山形・秋田・岩手・青森
東海 3静岡・愛知・岐阜・三重・山梨
北陸・信越 4福井・石川・富山・長野・新潟
関西 5大阪・滋賀・京都・奈良・和歌山・兵庫
中国四国 6鳥取・島根・岡山・広島・山口・香川・徳島・高知・愛媛
九州 7福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
関東 8東京・神奈川・千葉・茨城・栃木・埼玉・群馬
A-25.激甚災害支援
激甚災害指定を受けた地域に居住して被災された会員に対して,直近の会費を1年間免除いたします.

≪申請方法≫
申請フォーム:
被災証明書 兼 会費免除申請書 [MS-Word]
申請方法:
上記書類をダウンロードし,所定の項目をご記入の上,E-mail,FAX,郵送のいずれかでご送付ください.
被災された証明として,所属機関の長の署名・捺印をお願いします.自治体が発行した罹災証明書のコピーの添付でも申請可能です.
送付先:
〒113-0034 東京都文京区湯島2-31-22 湯島アーバンビル7階
公益社団法人 応用物理学会 会員係 宛
TEL:03-5802-0862 FAX:03-5802-6250
E-mail:

B. 会費について

B-1. 入会金と年会費について

入会初年度は入会金を,二年目以降は年会費をお支払いいただきます.
本会の年会費の金額は下記のとおりです.

⑴ 正会員 10,000円
⑵ 学生会員 3,000円
⑶ シニア会員 6,000円 (別途申請が必要です)
⑷ 賛助会員 40,000円 (1口)以上
⑸ 特別会員 16,000円
⑹ 名誉会員 不要
⑺ 功労会員 不要
⑻ 終身会員 不要

  • 入会金は,正会員は10,000円,学生会員は3,000円です.
  • APEX&JJAPのオンライン購読をする場合,3,000円の年会費が別途かかります.
  • 「応用物理」および分科会誌の海外送付は無料です.
B-2. 会費の消費税について

入会金,年会費,分科会費は不課税です.ただし以下につきましては課税対象(内税)となります.

  • JJAP & APEX購読料
  • 特別会員会費(本会・分科会)
  • 予稿集継続購読料
  • シリコンテクノロジー継続
B-3. 会費の支払時期
会費は前納制です.前年の12月末までに翌年度(1月1日〜12月31日)の会費をお支払いください.会費の請求書は,毎年10月中旬頃にメールまたは郵送にてお送りします.
B-4. 会費の支払方法

原則として,自動引落でのお支払いをお願いします.
また,自動引落以外の支払方法として,下記の5種類がご利用いただけます.
マイページにログインし,決済システムにアクセスしてお支払ください.
決済業務はソフトバンク・ペイメント・サービス(株) 並びにSMBCファイナンスサービス(株) に委託しています.

  • クレジットカード VISA, MasterCard, JCB, AMERICAN EXPRESS, Diners Club Internationalに対応
  • コンビニ払い セブンイレブン,ファミリーマート,ローソンなど全国の主要コンビニの店頭端末に対応
  • Pay-easy
  • PayPal
  • 払込票(銀行振込,郵便局,コンビニに対応する郵送の請求書)

銀行振込の手数料はご本人様負担です
クレジットカードをご利用の場合,一週間程でご利用明細に反映されます.
領収書はお支払後最長10日以内にメールでお送りします
B-5.会費の分割払いはできますか?
原則として,分割払いはできません.
B-6.会費の領収書発行
お支払が確認できた後,メールまたは郵送にて送付されます.
また,領収書はマイページの“会費照会・領収書発行”メニューからもダウンロード可能です.
翌年度会費を自動引落でお支払いの場合は,領収書の送付時期は1月末になります.
B-7.大学や企業等が会費を負担する場合
ご所属の大学や企業等が会費を負担する場合は,まずは会員ご本人様が立替払いのうえ,領収書(入金確認後にメールまたは郵送にて送付)での精算をお願いいたします.領収書での精算が難しい場合は,会員係(までご連絡ください.
B-8.自動引落口座の変更・停止

自動引落口座を変更するには,新規自動引落申し込みと同じ手続きが必要です.下記ファイルをダウンロードしていただき,「変更」に○印をつけて郵送にて事務局会員係へ申請書を送付してください.


自動引落を停止する場合は,会員係(までご連絡ください.

必須連絡事項 会員番号,氏名,メールアドレス,自動引落での会費支払を止めたい旨
B-9.会費を自動引落できなかった場合
翌月,再請求させていただきますので,ご準備をお願いします.
なお,3回引落エラーになりますと,自動引落が停止され,請求書が送付されますのでご注意ください.
引落できた場合,通帳には「MHF)オウブツカイヒ」等と印字されます.
B-10.年度途中退会での会費の扱い
応用物理学会は年会費制ですので,年度途中に退会されても会費はお返しできません.
B-11.会費を滞納した場合
3ヶ月会費を滞納されると自動的に機関誌(一部分科会誌を除いて)の配布が停止されます.
1年滞納されると会員資格喪失となります.会員資格を喪失した翌年は再入会できませんのでご注意ください.
B-12.滞納期間中の機関誌送付について
滞納期間中に発行された「応用物理」は自動的にはお送りしませんので,必要な場合は会員係(までご連絡ください.残部がある限り対応いたします.
B-13.会費を多く支払った場合
会費余剰金がある場合は,翌年の会費に繰越をさせていただきます.

C. 法人会員について

C-1. 賛助会員になるメリット
  • 機関誌『応用物理』を毎号購読できます.また,2口以上ご加入いただいた賛助会員には,その口数に応じてご希望により追加購読が可能です.
  • 機関誌『応用物理』に広告を割引価格で掲載できます.
  • 賛助会員のみの特典で機関誌『応用物理』に求人広告が掲載できます.
  • 本会HPに賛助会員として企業名を掲載するとともに,ポスターにして講演会等の場所にて掲示広報いたします.
  • 本会の春秋の講演会の予稿集を毎回申し込まなくとも継続して有償にて購入できます.
  • ご所属の方が個人会員でなくても,本会が主催する種々の研究会,セミナー等に会員と同等の割引価格で参加することもできます.(春秋の学術講演会を除く)
C-2. 大学図書館として機関誌『応用物理』を購読したい(特別会員)
教育・公益機関である大学図書館等は特別会員としてご入会いただくと機関誌『応用物理』のご購読が可能です.
特別会員の年会費は16,000円です.現時点で会費の価格改定は予定しておりません.

D. 講演会について

D-1. 講演会登壇の資格

一般講演の登壇者は応用物理学会の正会員,学生会員,または応用物理学会の協定学協会に限ります.

登壇権のある協定学協会
  • APS (American Physical Society)
  • EOS (European Optical Society)
  • EPS (European Physical Society)
  • IOP (Institute of Physics)
  • KPS (Korean Physical Society)
  • OSA (Optical Society of America)
  • PSROC (The Physical Society of Republic of China)
  • SPIE
  • OSK (Optical Society of Korea)
  • TPS (Taiwan Photonics Society)
  • SFP (Société Française de Physique)
  • 日本物理教育学会(PESJ)

いずれにも当てはまらない方は,入会申込より入会手続きをお願いいたします.

D-2. 準会員の登壇資格
分科会のみに入会している準会員は,春の講演会に登壇できますが,秋の講演会は登壇できません.
本会会員(正会員,学生会員)になれば,春秋両方の講演会に登壇が可能です.
D-3. 所属先が賛助会員になっているのですが,講演会で登壇はできますか?
賛助会員には登壇権はございません.登壇者ご本人が個人会員としてご入会いただく必要がございます.
D-4. 講演奨励賞の応募資格

講演奨励賞の受賞対象者は以下の条件を満たす方に限られます.

  • 1)発表年月日以降の4月1日時点で満33才以下であること
  • 2)論文の筆頭著者であること
  • 3)登録された登壇者であり,かつ実際に登壇した者
  • 4)講演申込時に講演奨励賞を申請(ただし各回1人1件に限る)した者
  • 5)表彰時に本会会員であること

講演奨励賞の応募に際しては,講演奨励賞規定もご参照ください.

D-5. 登壇の取り下げはできますか?
登壇申込の締切日までは取り下げを受け付けております.締切日以降は,理由のいかんにかかわらず,取り下げは受け付けておりませんのでご注意ください.
D-6. 登壇は何件までできますか?
一般講演における会員1人あたりの登壇件数は口頭講演,ポスター講演あわせて原則3件までとなっております.4件以上の登壇を希望される場合には,受理の判断材料として,各予稿の内容に重複がない旨の説明書(書式自由)を登壇申込締切日までに講演会担当(に提出してください.
D-7. 応用物理学会員でなくても,講演会に参加できますか?
応用物理学会会員でなくても,非会員価格で参加することが可能です.また協定学協会の会員は会員価格にて参加お申込みが可能です.
D-8. 所属先が賛助会員になっているのですが,会員価格で申し込みはできますか?
賛助会員は講演会の会員価格は適用されません.非会員価格でお申し込みください.
D-9. 参加費の支払方法
お支払方法は,
  1. クレジットカード決済(VISA, Master, JCB, AMEX, Diners)
  2. コンビニ決済
  3. PayPal
からお選びいただけます.
請求書払い,郵便振込には対応しておりません.
D-10. 領収書について
参加費の領収書はご入金が確認でき次第,Eメールにてお送りいたします.紙の領収書は郵送いたしませんので,プリントアウトしてご利用ください.
D-11. 申込後に参加できなくなったのですが,参加費を返金してもらえますか?
参加予約申込締切日までは,申込みのキャンセルを受け付けております.参加費は講演会終了後に返金させていただきます.
締切日以降のキャンセルは一切受け付けておりませんので,ご了承ください.
D-12. 参加はせずに予稿集DVD,ガイドブックのみを購入することはできますか?
事前申込の参加費と同額にて予稿集DVD,ガイドブックを販売いたします.販売は講演会開始日より受け付けいたします.
D-13. 会場に託児室はありますか?
講演会期中は会場に無料の臨時託児所を設置いたしますので,ぜひご利用ください.利用には事前の申し込みが必要となりますので,大会ホームページで詳細をご確認ください.
D-14. 会場でインターネットは使えますか?
ポスター会場(展示会場)にて無線LANがご利用いただけます.会場入口の受付にてご利用方法(ID,パスワード等)の説明書きをお配りしております.パソコンはご用意しておりませんのでご注意ください.
D-15. 会場で資料をプリントアウトすることはできますか?
ポスター会場(展示会場)に,予稿集DVDのコンテンツをプリントアウトできるコーナーを設けております.ご持参された資料等をプリントアウトすることはできません.
D-16. 過去の講演会の予稿集,ガイドブックは購入できますか?
2006年春季学術講演会以降の予稿集,ガイドブックの販売を行っております.
お申込み方法については,講演会予稿集バックナンバー販売についてをご覧ください.
D-17. 過去の講演会プログラムを見ることができますか?
2003年秋季講演会以降のプログラムはウェブサイトにてご覧いただけます.
D-18. 講演会の附設展示会で出展をしたいのですが,詳細を教えてください.
講演会附設展示会のお問合せは下記までお願いいたします.

株式会社 日刊工業コミュニケーションズ
TEL: 03-5614-3080
Email: shirane@nikkanad.co.jp

応用物理学会学術講演会では,展示会出展以外にも様々なスポンサーを募集しております.
詳細はこちらをご覧ください.