応用物理学会人材育成・男女共同参画委員会企画 理系出身の女性たち紹介
photo
name
後輩へのメッセージ
科学には限りない未知の世界があります。好奇心を持ち続けて、自己研鑽を継続し、さらに膨らませた感動をみんなに伝える役割を果たして下さい。科学の未来を信じて前向きに進み、障害に出会っても決してあきらめないこと、弛まない努力と強い意思が必ず道を開くでしょうから。
理工系に進んだきっかけ
小学校の高学年で2人の専科の先生から受けた理科の授業がとても楽しく、科学に興味を持ちました。その後、実験を通じて自然現象を理解し、数式として表現できる物理分野に強く魅せられたため、専攻を決めました。
転機や飛躍に関するエピソード
母校に助手として残る道が2度も閉ざされ障害にぶつかったまさにその時、思いがけず東京大学工学部の助手のポストを得られたことが、研究者の道への扉を開いてくれました。助手の5年間に、学問的基礎や装置づくり、プログラミングなどの技術的な基礎、両親にも助けられながら出産・育児との両立など、自立した研究者としての基盤を創ることになったのです。
プロフィール
プロフィール
  • 1963年日本女子大学家政学部家政理学科一部(物理化学専攻)卒業
  • 1963年日本女子大学附属高等学校教諭
  • 1966年東京大学工学部電子工学科助手
  • 1982年日本女子大学一一般教育課程助教授
  • 1990年日本女子大学家政学部家政理学科一部教授
  • 1992年日本女子大学理学部数物科学科教授
  • 2006年日本女子大学女性研究者マルチキャリアパス支援プロジェクト
  • 2008年Photonic System Solutions(女子大発ベンチャー企業)取締役社長
  • 2008年(独)科学技術振興機構男女共同参画主監
  • 2009年日本女子大学名誉教授、女性研究者マルキャリアパス担当学長特別補佐 プロジェクトリーダー
その他、理学研究科委員長、評議員などの役職を歴任 第20期,21期日本学術会議会員、総務省電波監理審議会委員、総合科学技術会議専門委員、などの政府委員会委員、(社)応用物理学会の女性初副会長、理事、男女共同参画学協会連絡会初代委員長、電子情報通信学会評議員、映像メディア学会評議員、など多数。
工学博士(東京大学)
仕事の分野
マイクロオプティクスと光エレクトロニクスへの応用
代表的な論文
  • K. Kodate, T. Kamiya and M. Kamiyama, "Double Diffraction in the Fresnel Region," Jpn. J. Appl. Phys. 10, 8, 1040-1045 (1971).
  • K. Kodate, A. Hashimoto and R. Thapliya, "Binary zone-plete array for a parallel joint transform correlator applied to face recognition," Appl. Opt. 38, 14, 3060-3067 (1999).など

  • 著書39件、総説・解説70件、原著論文160件、国際会議138件、特許31件、科学研究費補助金26件、大型競争的資金NEDO,TAO、SCOPE,JSTなど28件

受賞
  • 2007年第4回日本e-Learning大賞文部科学大臣賞
  • 2008年科学技術への顕著な貢献(ナイスステップな研究者)2007人材育成部門【文部科学省科学技術政策研究所】
    女性企業家支援プロジェクト2007リビングドリーム賞
  • 2009年文部科学大臣表彰科学技術賞(理解増進部門)他
リンク
http://jglobal.jst.go.jp/public/20090422/200901031
140607267

(J-GLOBAL/READ)
http://www.sangakuplaza.jp/page/149654
(産学プラザ)