応用物理学会人材育成・男女共同参画委員会企画 理系出身の女性たち紹介
photo
name
後輩へのメッセージ
理系大学出身者には、研究者や技術者になること以外にも多様なキャリアパスがあります。 科学技術の基礎知識や新しい話題、科学の楽しさを一般向けにわかりやすく説明する科学出版という分野もそのひとつです。自分自身も楽しく、人のためにもなる、やりがいのある仕事です。
理工系に進んだきっかけ
高校時代までは理系は苦手でしたが、好きな漫画に「比重」を題材にしたトリックの話が描かれていて、物理が好きになりました。そして物理学科へ進むことに…。高校時代の物理の先生に「おまえは漫画が上手だから将来は物理の漫画を描け」と言われていましたが、当時は本当にそうなるとは思っていませんでした。
転機や飛躍に関するエピソード
2005年の世界物理年を機に、物理学科卒の知識を活かして人々に科学を紹介する漫画を描きたいと思うようになりました。多くの先生方に出会い、ご指導をいただいています。特に仕事と育児を両立する女性研究者からはワークライフバランスの重要性を学ぶことができました。
プロフィール
プロフィール
  • 1998年琉球大学理学部物理学科卒
  • 2002年子供の科学(誠文堂新光社)で漫画『GOGO!ミルボ』連載開始
  • 2007年宇宙のとびら(日本宇宙少年団・JAXA宇宙教育センター)で漫画・イラストの連載開始
  • 2008年日刊工業新聞で漫画『キラリ研究開発』連載開始
その他、数多くの企業・大学・研究機関の研究内容を紹介する漫画を執筆しています。
学士(理学)
仕事の分野
漫画による科学技術の紹介
2005年 世界物理年イメージキャラクターデザイン
物理チャレンジポスターデザイン
リンク
http://www.hayanon.jp/