OYO BUTURI
Vol.86
No.10
2017
10
2017108610861
応用物理 第86巻 第10号 (2017)
今月号の概要

フォトニクス(X線からテラヘルツ波まで)/ソフトマターのナノテクノロジー/イオンビーム

『応用物理』編集委員会

今号は,広い意味でのフォトニクスに関連した記事が4件,ソフトマター関連が2件,イオンビーム1件と盛りだくさんの内容です.どの記事も『応用物理』らしく,深い物理に基づいて応用について明快に述べられており,専門外の記事であっても引き込まれてしまいます.

フォトニクスの記事の内容は,波長域でみるとX線から可視光,赤外線,テラヘルツ波まで,広いスペクトルに関連した内容を取り上げています.波長ごとにみると,X線ではX線自由電子レーザーSACLAのためのX線ミラーの開発とそれを用いたナノ集光や結像について解説しています.可視光では火星用太陽電池の開発,赤外線では高強度中赤外パルス光源とその固体中の強光子場科学への応用について取り上げています.テラヘルツ波ではメタマテリアルにより高屈折率,ゼロ屈折率,負屈折率を構造のパラメータを変えるだけで簡単に作り分ける方法を紹介し,そのアンテナへの応用について述べています.

ソフトマターのナノテクノロジーでは,液中高速原子間力顕微鏡技術の解説とそれを利用したタンパク質分子の観測を紹介します.また,人工細胞膜の物性と構造揺らぎのダイナミクス,光による構造制御について解説します.

イオンビームでは,物質材料科学やバイオ技術への応用の基盤にもなる,サイクロトロンから得られる数十〜数百MeVの高エネルギーイオンビームの高品位化のための制御・照射技術について紹介しています.

「基礎講座」では流体シミュレーションを解説します.また,「やわらかい記事」として,通常の微細加工技術ではなく植物の葉から作るメタマテリアルや医工連携からみた枕の研究を取り上げています.

応用物理 第86巻 第10号 p.861 (2017) 掲載