ホーム 講演会・研究集会 研究集会日程 会合の詳細 第59回光波センシング技術研究会講演会「耐環境光計測技術」 戻る

「応用物理」2017年3月号 掲載第59回光波センシング技術研究会講演会「耐環境光計測技術」

  • 主催 応用物理学会光波センシング技術研究会
  • 協賛 電子情報通信学会通信ソサイエティ,他15団体
  • 日時 2017年6月6日(火)〜7日(水)
  • 場所 東京理科大学 神楽坂キャンパス 森戸記念館(〒162-0825 東京都新宿区神楽坂4-2-2)
    http://www.sut.ac.jp/info/access/gmap/kag_gmap.html
  • 趣旨 本研究会は1988年に応用物理学会の研究会として発足し,光波センシングの基礎,応用,実用化を軸に,光技術の発展のため活躍して参りました.第59回研究会では耐環境光計測技術をテーマに取り上げます.光ファイバセンシングはセンサ部分にエレクトロニクスが不要なため,過酷な環境下での計測が可能で,さらに,連続的分布計測が行えるので,広範囲にわたっての計測も可能となっています.このような特徴を生かして,従来のエレクトロニクスでは実現できなかった計測が,宇宙,深海,大深度地下,土木,プラント,インフラなどで幅広く利用されています.一方で,最近は光ファイバセンシングを支える光部品の耐熱性も向上し,従来の光技術の応用がより厳しい条件下でも可能となっています.そこで第59回研究会では耐環境光計測技術に焦点を当て,研究開発や応用事例などの多様な招待講演を企画しております.一般講演論文は,上記のテーマに関係する話題に限らず光技術の広い応用分野から募集いたしますので,奮ってご投稿くださいますよう案内申し上げます.
  • 講演形式・時間 一般発表講演は口頭講演で,質疑応答を含めて20分の予定.
  • 募集論文 未発表論文に限ります.口頭発表や研究速報などは差し支えありません.
  • 講演申込方法 アブストラクト(A4判1枚以内,書式自由)を,演題,発表者,共著者,連絡先(TEL,FAX,e-mail)を明記し,e-mailで下記事務局まで送付してください.
  • 講演申込締切 2017年3月27日(月)必着
  • 論文審査 アブストラクトの内容を本研究会のプログラム委員会で審査します.
  • 論文原稿締切 2017年5月11日(木)必着
  • 参加費 11,000円(登録料5,000円,論文集代6,000円:税込),ただし予約割引料金
  • 問合せ・申込先 〒184-0005 小金井市桜町1-10-32 光波センシング技術研究会(LST)事務局 佐々木豊
    Tel/Fax:042-381-0446
    e-mail:abcyssk abcs|email|ne|jp
    URL: http://annex.jsap.or.jp/kohasensing/