ホーム 講演会・研究集会 研究集会日程 会合の詳細 特別シンポジウム「科学技術の未来に向けたダイバーシティ推進... 戻る

「応用物理」2017年3月号 掲載特別シンポジウム「科学技術の未来に向けたダイバーシティ推進—男女・文理・職種・国籍の観点から—」

  • 主催 応用物理学会男女共同参画委員会
  • 日時 2017年3月15日(水) 10:00〜17:30
  • 場所 パシフィコ横浜 展示ホールB5(2017年春季学術講演会会場)
  • 趣旨 応用物理学会男女共同参画委員会では,「多様な人材が個々の能力を発揮して活躍できるソサエティの確立」を支援するための一事業として,毎年の春季学術講演会で特別シンポジウムを企画しています.2017年は,5月25日〜26日に都内・一橋講堂にて男女共同参画委員会も参加するGender Summit 10が開催されることも踏まえ,委員会の主題の1つである広い意味でのダイバーシティ推進に関する特別シンポジウムを企画することにしました.応用物理学会会員に関連深い項目を取り上げても,男女,理系と文系,教育・研究職と事務職,日本(人)と外国(人)など,さまざまな観点からのダイバーシティを考えることが,応用物理学のみならず広く科学技術の発展のために益々重要な時代になっています.今回のシンポジウムでは,午後は英語のセッションとして,Gender Summitの創始者である英国PortiaのDr Elizabeth Pollitzerと科学技術振興機構ダイバーシティ推進室長の渡辺美代子副理事から2件の基調講演をいただき,日英の男女共同参画に関する現状を考える機会とします.また,午前は日本語のセッションとして,理系と文系,教育・研究職と事務職の相互理解を深める観点から講演いただきます.シンポジウムの最後には,この1年間の男女共同参画委員会での議論を踏まえたパネルディスカッションを行います.また,男女共同参画の一層の推進に向けた提言をまとめます.
  • プログラム
    • 「全体趣旨説明」増田淳(産総研)
    • 「文理分離の実態と課題」河野銀子(山形大)
    • 「研究所で働く,研究者ではない人たちの話」井川奈々子(産総研)
    • 「応用物理学会事務局から見た学会運営,会員との関わり」塩尻誠子,白石陽子(応用物理学会)
    • 「午後の部趣旨説明」河西奈保子(男女共同参画委員会委員長)
    • 基調講演「Integrating gender into research and innovation for better outcomes」
      Dr Elizabeth Pollitzer, Director, Portia(UK)
    • 基調講演「Movement of Gender Research and Innovation in Japan & Asia Pacific -Toward Gender Summit 10 -」渡辺美代子(JST)
    • 「会長挨拶」保立和夫(応用物理学会会長)
    • パネルディスカッション
    • 「男女共同参画委員会での1年間の議論をふまえた提言,総括」増田淳(産総研)
  • その他 午前の部終了後,女性ネットワークづくりのためNEWMAP懇親会を開催いたします.
  • 参加費 無料
  • 問合せ先 応物事務局 会員係
    e-mail:abcmembership abcjsap