ホーム 講演会・研究集会 研究集会日程 会合の詳細 応用物理学会関西支部セミナー「光機能の新展開」〜深紫外材料... 戻る

「応用物理」2016年12月号 掲載応用物理学会関西支部セミナー
「光機能の新展開」〜深紫外材料・デバイスの新展開〜

  • 主催 応用物理学会関西支部
  • 日時 2017年1月7日(土) 13:00〜17:10
  • 場所 大阪市立大学 学術情報総合センター 1F 文化交流室(〒558-8585 大阪市住吉区杉本3-3-138)
    《交通》JR天王寺駅より阪和線「杉本町駅」下車,東へ徒歩約5分
    http://www.osaka-cu.ac.jp/ja/about/university/access
  • 要旨 本セミナーはさまざまな材料系における光物性と光機能に関する最先端の話題を取り上げ,基礎から応用までを見据えた幅広い観点から議論することを趣旨としている.今年度はトピックスとして高密度光情報記録から殺菌などのバイオ応用にいたる幅広い分野で重要性を増す深紫外光デバイスの創製と機能応用について最前線でご活躍の講師の皆様にご講演いただきます.
  • プログラム(予定)
    • 13:00〜13:05開会の辞
    • 13:05〜13:50三重大学地域イノベーション学研究科 三宅 秀人
      「深紫外光源の鍵となる高品質AlNテンプレートの作製」
    • 13:50〜14:35旭化成エレクトロニクス 久世 直洋
      「窒化アルミニウム単結晶基板上深紫外LEDの特性とその応用」
    • 14:35〜15:20日亜化学工業 大前 邦途
      「AlGaN系半導体を用いた深紫外LEDの高出力化」
    • 15:40〜16:25京都大学工学研究科 藤田 静雄
      「超ワイドギャップ酸化物半導体の成長と機能」
    • 16:25〜17:10神戸大学工学研究科 喜多 隆
      「水銀フリー紫外光源の開発」
  • 参加費 無料
  • 参加申込方法 当日現地受付
  • 問合せ先 大阪大学産業科学研究所 田中 秀和
    e-mail:h-tanaka@sanken.osaka-u.ac.jp