ホーム 人材育成・男女共同参画 応用物理学会 特別シンポジウム 応用物理分野で活躍する女性達 -第3回 バイオエレクトロ... 戻る

応用物理学会 特別シンポジウム 応用物理分野で活躍する女性達 
-第3回 バイオエレクトロニクス編-

主催:
応用物理学会
日時:
2015年3月13日(金) 9:00 〜 12:00
場所:
東海大学 湘南キャンパス B3会場
参加費:
無料
趣旨:
一昨年,昨年と春季学術講演会にて,特別シンポジウム「応用物理分野で活躍する女性達」を開催してきました.応用物理学会・人材育成委員会が企画する重要なイベントのひとつであり,委員会が目指す「多様な人材が個々の能力を発揮して活躍できるソサエティの確立」を支援するための一事業として行っています.大きな反響を頂いたこれまでの太陽電池編,フォトニクス編に続き,今回は,応用物理分野では比較的女性研究者が多いバイオエレクトロニクス分野を取り上げます.

本シンポジウムは,質の高い研究成果を一堂に会するという学術上,研究上の目的だけでなく,世界的なリーダーとして活躍する研究者や,企業の研究所で新しいインパクトの高い技術で社会に貢献をする研究者など,様々なロールモデルを広く多くの応用物理学会員へ紹介することを目的としています.女性研究者のキャリアパスは,ロールモデルの欠如や様々なライフステージにおける不安などのため,なかなか将来を見通すことが難しく,また相談できる研究者が近くにいないため孤立しやすいといった様々な課題を個々の研究者が抱えています.本シンポジウムは,基調講演と招待講演から成り,科学・技術研究における多様性やリーダーシップの重要性について多角的に考え,また女性研究者とのコミュニケーションの機会を提供することで,応用物理研究コミュニティーが直面する様々な障壁へのヒントとなることを願って企画するものです.
プログラム:
  • 9:00〜9:05 趣旨説明:高井 まどか(東大)(5分)
  • 9:05〜9:10 会長あいさつ:河田 聡(応用物理学会会長)(5分)
  • 9:10〜9:30 金属微粒子二次元シートによるバイオインターフェイスの高分解能蛍光観察:
    玉田 薫(九州大)(20分)
  • 9:30〜9:50 プラズモニックチップを用いた高感度蛍光検出法のバイオイメージングとバイオセンシングへの応用:
    田和 圭子(産総研)(20分)
  • 9:50〜10:00 休憩(10分)
  • 10:00〜10:40 基調講演 我が国の科学技術イノベーション政策 
    〜若手・女性活躍によるイノベーション創出〜:
    久間 和生(総合科学技術会議・イノベーション会議)(40分)
  • 10:40〜11:00 神経細胞の機能計測とナノテクノロジ:
    河西 奈保子(NTT)(20分)
  • 11:00〜11:20 シリコン微細加工で創る脂質二分子膜イオンチャネルチップ:
    平野 愛弓(東北大)(20分)
  • 11:20〜11:30 休憩(10分)
  • 11:30〜12:00 パネル討論(30分)
    司会:高井まどか(東大)
    パネラー:永松 愛子(JAXA),南谷 英美(東大),
    住友 弘二(NTT),山田 明(東工大)
問い合わせ先:
公益社団法人 応用物理学会
TEL : 03-5802-0861
E-mail :