サイトマップ

第4回 先端フォトニクスシンポジウム

光科学技術の歴史と現状を俯瞰すると共に最先端の話題を紹介する講演会を開催し,この分野が生み出したインパクトや今後のイノベーションを国内にアピールする.様々な分野における黎明期世代から現役若手研究者までを発表者とすることで,学会間交流,世代間交流,次代の若手育成,新しい産業やコミュニティーの創生を推進する.

開催日
2014年8月8日(金)11:00 〜 17:30
場所
日本学術会議講堂
東京都港区六本木7-22-34[地図]/営団地下鉄乃木坂駅下車徒歩1分)
主催
日本学術会議 総合工学委員会 ICO分科会
共催
応用物理学会
協賛
日本物理学会電子情報通信学会日本化学会レーザー学会日本分光学会
(以上未定)
プログラム
(時刻と演題は変更される可能性があります)
  • 11:00 開会挨拶 荒川泰彦(日本学術会議・第三部部長,総合工学委員会ICO分科会委員長,東京大学)
    河田 聡(日本学術会議連携会員,応用物理学会会長,大阪大学)
  • 11:10 特別講演 「光ファイバ通信システム指向の半導体レーザ研究〜本格的な光ファイバ通信の曙〜」
    末松安晴(東京工業大学栄誉教授)
  • 11:50 特別講演 「光触媒の現状と今後の発展の方向」
    藤嶋 昭(東京理科大学学長)
  • 12:30 ポスター発表 国内研究グループから推薦された若手研究者 約71名
    (休憩室での昼食を兼ねる)
  • 14:20 講演 「超高精度の光のものさし:光コム」
    美濃島薫(電気通信大学)
  • 14:50 講演 「超解像顕微鏡 〜光学系の限界を超える〜」
    藤田克昌(大阪大学)
  • 15:20 若手講演 「軟X線アト秒パルス発生とその分光応用へ向けて」
    石井順久(東京大学)
  • 15:35 若手講演 「Bragg反射鏡導波路を用いた超高解像光ビーム掃引」
    顧 暁冬(東京工業大学)
  • 15:50 若手講演 「光で創る結晶、光を創る結晶」
    丸山美帆子(大阪大学)
  • 16:05 若手講演 「室温動作GaN量子ドット単一光子源〜量子情報処理集積回路の室温動作実現への道筋〜」
    マーク ホルムズ(東京大学)
  • 16:20 若手講演 「フォトニック結晶とナノ加工技術が可能にする極低パワー光制御素子」
    野崎謙悟(NTT)
  • 16:35 休憩
  • 16:45 特別講演 「日本の科学技術イノベーション政策 〜先端フォトニクスへの期待〜」
    久間和生(総合科学技術会議)
  • 17:25 閉会挨拶 五神真(日本学術会議連携会員,総合工学委員会ICO分科会副委長,東京大学)
  • 18:00 懇談会
  • 20:00 終了
定員
300名
参加費
無料
参加申し込み
申し込みは下記URLからお願いします.
http://www.nanoquine.iis.u-tokyo.ac.jp/scj/
問合せ先
馬場俊彦(日本学術会議連携会員,横浜国立大学)
baba[at]ynu.ac.jp
シンポジウムURL
http://www.scj.go.jp/ja/event/index.html
(近日,開催予定表一覧に載る予定です)