サイトマップ

第1回 先端フォトニクスシンポジウム

「光」というキーワードをもつ各学会の最先端の話題を集めた講演会を開催し,光科学のインパクトやイノベーションを国内にアピールすると共に,次世代を担う若手研究者の育成,新しい産業やコミュニティーの創生を推進する。

開催日
2010年4月9日(金)
場所
日本学術会議講堂(東京都港区六本木7-22-34)
定員
300名
参加費
無料
主催
日本学術会議 総合工学委員会 ICO分科会
共催
応用物理学会
後援
日本物理学会,電子情報通信学会,日本化学会,レーザー学会,日本分光学会
プログラム
  • 13:00 開会挨拶 後藤 俊夫(日本学術会議第三部副部長/中部大学)
    矢川 元基(日本学術会議総合工学委員会委員長/東洋大学)
  • 13:10 趣旨説明 小舘 香椎子(日本学術会議会員/日本女子大学)
  • 13:20 講演 「ナノ科学技術が拓く先端フォトニクス」
    荒川 泰彦(日本学術会議会員/東京大学)
  • 13:50 講演 「先端レーザー技術による光物理学の展開」
    五神 真(日本学術会議連携会員/東京大学)
  • 14:20 講演 「プラズモニクス:機能と応用とその未来」
    河田 聡(大阪大学)
  • 14:50 講演 「フォトニック結晶の現状と将来展望」
    野田 進(日本学術会議連携会員/京都大学)
  • 15:20 講演 「光トポグラフィがひらく未来」
    小泉 英明(日本学術会議連携会員/日立製作所)
  • 15:50 休憩(10分)
  • 16:00 ポスタープレビュー
  • 17:10 休憩(20分)
  • 17:30 ポスターセッション(会場:はーといん乃木坂)
  • 18:30 懇談会(会場:はーといん乃木坂)
資料など