ホーム 教育企画 戻る

教育企画

資源の乏しい我が国が繁栄し続けるには,科学技術開発やこれを支える優れた人材の育成が重要です.応用物理学会は,人類の豊かな暮らしに資する科学技術の研究開発を目指す人たちで構成される科学技術の専門集団として次世代の研究者や技術者を育成する役割を担っており,1997年より毎年,日本各地において若い世代に科学技術の素晴らしさを伝える「リフレッシュ理科教室」を開催しています.

「リフレッシュ理科教室」では,最新の科学技術を教室で児童に伝えていただくことを目指し,小中学校の先生が教育現場で利用できる理科実験・教材工作の紹介や先端科学技術に関する講演を行うとともに,子どもたちへの実験工作教室も行っています.小中学生の皆さんに新鮮な興味と感動を体験できる場を提供することで,理科好きな児童・生徒が増え,次世代の科学技術を支える人材へと繋がることを願っています.

春・秋の応用物理学会の学術講演会におきましては,「リフレッシュ理科教室」の活動の一端を応用物理学会会員にご周知いただく為に,各地区の「リフレッシュ理科教室」で開発しました教材や子供が見る事を想定してまとめられたテキストの展示を行っております.この展示につきまして,会員の皆様より所属する大学や企業などのアウトリーチ活動の際の参考になるとご好評いただいております.また,年1回,各地区の「リフレッシュ理科教室」の活動状況についての情報交換を行う「FDリフレッシュ理科教室」も開催しております.