ホーム 本会の賞 研究分野業績賞 化合物半導体エレクトロニクス業績賞(赤﨑勇賞)受賞者 戻る

化合物半導体エレクトロニクス業績賞(赤﨑勇賞)受賞者

受賞年 受賞者
第1回(2010年) 名西 憓之 氏(立命館大学)
「RF MBE法による高品質InN薄膜の実現と物性解明、バルクGaAsの高品質化、及び化合物半導体光・電子デバイスの高性能化への貢献」
受賞者紹介
第2回(2011年) 荒川 泰彦 氏(東京大学教授)
「化合物半導体量子構造光デバイスに関する先駆的研究」
受賞者紹介
第3回(2012年) 佐々木 昭夫 氏(京都大学名誉教授・大阪電気通信大学名誉教授)
「Ⅲ-Ⅴ族半導体における規則性、不規則性の究明とその応用に関する研究」
受賞者紹介
第4回(2013年) 纐纈明伯 氏(東京農工大学 副学長・教授)
「化合物半導体エピタキシャル成長の熱力学解析および高品質バルク結晶成長法の創製」
受賞者紹介
第5回(2014年) 大野英男氏(東北大学電気通信研究所所長・教授)
「強磁性化合物半導体の創成とスピントロニクスの先導的研究」
受賞者紹介 [PDF]
第6回(2015年) 天野浩氏(名古屋大学大学院工学研究科・教授)
「青色及び紫外光デバイスの開発」
受賞者紹介 [PDF]