ホーム 本会の賞 研究分野業績賞 光・電子集積技術業績賞(林巌雄賞)規程 戻る

光・電子集積技術業績賞(林巌雄賞)規程

  1. 本規程は,林厳雄氏の応用物理学会への寄付金を基金とし,下記研究分野において,顕著な研究業績をあげ当該分野の発展に寄与した者に対して行う表彰に関して定めたものである.
  2. 表彰対象研究分野は光技術と電子技術を融合し集積化することにより高度な機能を得るためのデバイスやシステム化技術に関わるものとし,名称を「光・電子集積技術業績賞」(以下本業績賞という)とする.
  3. 本表彰は,2項の研究分野において,新しい技術の開発,発明,新原理の発見,または卓越した実証システムの構築等において顕著な業績をあげ,当該分野の学問や産業の発展に貢献した者に対して本業績賞を授与し,その功績をたたえることを目的とする.
  4. 受賞対象者は,原則として,主として日本国内で研究活動を行う応用物理学会会員および分科会会員とする.
  5. 表彰は毎年1件以内とし,応用物理学会春期講演会で表彰を行う.
  6. 受賞者には,賞状を授与し,賞金50万円を贈呈する.
  7. 表彰は,応用物理学会光・電子集積技術業績賞表彰委員会委員長名で行う.
  8. 表彰対象者は,自薦または他薦による一般公募に応じた者,および本業績賞表彰委員会委員が推薦した者の中から選ぶ.
  9. 選考規程は,別途定める.
  10. 本業績賞の設立基金は1000万円で,賞の運営に必要な基金が不足した場合は業績賞を廃止する.
  11. 本規程は,応用物理学会理事会の承認を経て改正することができる.
付則
この規程は2013年4月1日より実施する
2012年12月13日改正